企業再生について考える

まず私が外からうかがい知る限り、企業再生の基本ってのは不採算部門を切り離すなり売却するなり廃止して、それから銀行などの債権者に大幅な債務カットの要求をのんで貰って、更に人員の大幅な削減を断行するって感じで、再生を目指す場合が多いと思いますけど、そりゃまぁ利益が出ている部門だけを残して他の赤字部門は切り離せば営業黒字は出るでしょうし、債務圧縮交渉をして借金の返済を大幅に減らしたら資金繰りは好転するでしょうし、人員も必要最低限だけ残して他は退職させてしまえば、そりゃ固定費が下がって企業の再建も可能でしょうよね。

さて業績が悪化した企業が全て上記のような再生への道を歩み出す事が出来れば、この世から倒産なんて事は無くなるに等しくなるでしょうし、経営者の苦労も無くなるのではないかと思いますけど、実際の所は業績が悪化して実質的に破綻状態に近くなった時、再生計画を実行できるのは少数派なんですよね。

でたぶんその分かれ目になってくるのが基本的に債権者の損得勘定と若干の経営者の折衝能力って所でしょうかね?

損得勘定ってのは感情じゃなくて勘定のほうなんですけど、ここで倒産させてしまって被る損失と再生計画を吟味してどっちが損害を最小限度に止める事が出来るかって所が運命の分かれ目なんですよね。

つまりそのよく言われる企業価値がどーのこーのってのも結局は金銭的に換算致しまして、倒産させてしまうのが被害を一番最小限に止める事が出来るのか、もしくは企業再生計画を吟味致しまして再生したほうが債権がより多くかえってくるのかって所が肝心なのでしょうね。

まぁ他にも経営者の年齢とか様々な要素が有るのでしょうけど、利益を確保出来る部門が一つあるかないかってのは結構要素として大きかったりするようなのでありますが、この辺りになりますと中小企業や零細企業ってのは、単一の事業で運営している場合が多くて、少々の営業黒字が出せていても、手続きとか面倒だし倒産させてしまいましょうってなってしまうのでは無いでしょうかね?

追伸
個人的な意見としては、零細企業家SOHOとしてもう事業の継続が難しくなったらさっさと事業を清算なり倒産させる事によって、周りにかけるご迷惑を最低限に抑えましてでもって再起を図るってのが一番正しい姿だと思うのですけど、この再起を図るってのはとっても難しくてもしかしたら脱サラして初めて独立開業するよりもハードルが高いようで、そんな訳で無駄に倒産を回避して被害を拡大させている事が少なく無いのでは無いでしょうかね?