他人の足を引っ張る社員

私がサラリーマン生活から足を洗って気が付いたら10年を経過したのに少しビックリしたりしていますが、昔の事を色々思い出しますと当時の上司だとか同僚だとか数少ない部下の事などを思い出して、何だか他人の足を引っ張るやつもいたなぁなんて事まで思い出してしまいますね。

でねこの社内で他人の足を引っ張るって言いましても実に色々なパターンが有りまして、多くのパターンが有るって事はまぁ結構そういった人が多いって事にもなりかねないような気も致しますが、幾つかのパターンにつきまして少々書いてみようと思います。

まずね一つは上司とか部下とか同僚などの上下関係に関係なく、単に業務遂行能力が低くて本人には一切悪気は無いんだけど、結果として回りの足を引っ張ってしまうタイプで、まぁ中には真面目に仕事していないから本人に悪気が無いとは言い切れない場合も有りますが、まず他人の足を引っ張る社員で一番多いのがこのパターンなのではないでしょうかね?

次に多いと思われるのが上司から見て自分の足を引っ張る部下の存在ってやつでこれもまぁ部下の業務遂行能力の低さに起因する場合が多いと思いますが、中には上司が単に感情的に気に入らないって理由で仕事の手を抜いてしまう女子社員の存在ですとか、適当な仕事をして定時にさっさと帰ってしまう男性社員の存在なんて場合も有りますよね。

でね、問題なのは本人の業務遂行能力に起因して同僚とか上司や部下の足を引っ張るやつは、まだ可愛げがあると言いますか左遷するなり退職勧告するなり、徹底的に教育指導するなり対応の方法が幾つかあって対処しやすいのですが、本人が分かっていて意識的に巧妙に他人の足を引っ張るってやつは、結句困りものなんですよね。

そーゆーやつは他人が自分よりも成功するのが許せないとか、単に気に入らないからあいつの足を引っ張るとか、まぁ最近は人格障害型のクレーマーが増殖中ですから、ちょっと大きな会社になりますとそーゆー奴が一人くらい社内にいても全然おかしくないって考える必要が出てくるのではないでしょうか?

しかもそういった確信犯的な他人の足を引っ張る人間ってのは裏表がある性格で、人によって見せる人格が180度違っていたりするもんですから、こーゆー奴を何とかして快適な職場環境を整備しようと思っても、一筋縄ではいかなくて、自分が転職しちゃうか完全無視するかって結構消極的な対応法しかなかったりしてしまうので有りますね。