国民一人当たりの借金問題

なぜテレビなどの大手マスコミが取り上げないでネット上で良識ある人しか情報発信しないのかよくわからないのが国民人ありあたりの借金ってやつなのですが、今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。

えっととても大ざぱな書き方で申し訳ないのですが、日本国の借金ってのはつまり発行している国債で償還していない金額の合計って言って良いと思うのですが、大手マスコミでよく言われるのは日本って国はこの借金がどんどん膨らんでいて、国民一人当たりに換算すると赤ん坊からお年寄りまで一人何百万円もの借金をしている勘定で、これはとても大変なことであるって事らしいのですが、これは大嘘とは言いませんが相当恣意的にねじ曲げられた事実なのだそうです。

つまりそれは別に日本は借金をしているだけじゃなくて、膨大なアメリカ国債を始めとして世界中に債権を持っているのでありまして、そうしますと債務(借金)-債権(貸付金)=結構なお金がプラスになるのだそうでして、財務省とかマスコミが何を企んで借金の事を大きく取り上げるのかよくわかりませんが、今の日本の現状は多重債務状態でも何でもなくて、差し引きいたしますと債務国ではなくて債権国なのでありますね。

でね今の日本では子ども手当の財源だとか、とにかく税収が不足していて日本は借金が膨大にあって大変なんだから、増税にご協力くださいって感じで増税に向けての動きが活発化しているのが現状のような気が致しますが、はっきり言って金がないのでしたら国民に負担ばかり強いていないで海外に貸している債権を取り戻してこいって思いますね。

ちょうど企業に置き換えて考えてみますと、10億円の借金があって返済中ですが12億円の売掛債権も持っている状態ですから、さっさと10億円分の回収をしてしまえば借金は綺麗になくなるのですけど、なぜかそれをしないで従業員の給料を削減して借金返済の財源に充てようとしているのではないでしょうかね?

実際は国家間の話でそう簡単に話が進むような代物ではないのでしょうけど、少なくとも国の借金の金額を云々するのでしたら、同時に海外に持っている日本の債権の金額を言わないとフィアじゃないですし、意味のない数字って事にならないでしょうかね?

本当はそーゆー部分をマスコミがしっかり光を当てて問題提起をしなくてはいけないと思うのですが、すっかりマスゴミと化した今の大手の新聞やテレビにそういった役割を期待するのは無理ってことに早く気が付かなくてはいけないのでしょうね。