確実な会員獲得の方法とプレゼント企画

有名な石鹸だとかシャンプーのメーカーで行なっていたプレゼント企画がメールマガジンで通知されまして、おもわず応募してしまったのですが気がついてみたら、プレゼントの応募と同時にメーカーサイトの会員に登録されていてメールマガジンを受け取る立場になっていました。

内容的には抽選で30万名様に石鹸一個プレゼントって内容だったのですけど、30個じゃないですよ30万個なのでありますから、まぁ普通に考えればネットで応募さえしてしまえば石鹸一個貰えるわけで、別に手を洗う石鹸に不自由しているわけでもないんですけど、まぁ確実に貰えるんだったら応募してしまえって感じですね。

さて、ホームページを公開していてる企業ではやはりアクセス数が気になりますし、サイトに来てもらうよりも定期的にメールを受け取ってくれるような会員が多ければ多いほど、新製品の告知を行うとかアンケートを集めるとか行った場合に、既に膨大なメール会員を獲得していれば、ほぼノーコストで行わるわけで、その都度テレビなどでコマーシャルを流すよりも断然マーケティングが低コストで行えるわけですね。

さて今回私が応募してしまったキャンペーンの場合ですと石鹸一個の原価は50円位だとして、配達にかかる郵送費を併せて150円×30万人ですからここで約4500万円の費用がかかって、キャンペーンの告知費用などのもろもろの諸経費をあわせると、六千万円位の企画でしょうね。

そう考えるとプレゼント企画で同時に獲得する会員数が30万人、かかる費用が6千万円ですから獲得にかかる費用は一人あたり約200円って感じですね。

まぁこれ一回だけの企画で終わってしまったら慈善事業で石鹸を配って終わってしまうわけですけど、これから例えば月に二回とかのペースで色々と会員に対してメールでアピールだのなんだのしていけば、何せ今後会員に対してメールを送るのはコストゼロで出来るわけですから、コストパフォーマンスはどんどん良くなってきます。

まぁこの手の会員獲得の手法は昔からやっているところも多かったですし、効果も知られていたわけですけどまだままテレビコマーシャルなどと較べてマイナーで効果も限定的と思われていたんですけど、地上波テレビの衰退とともに今後は本格的に広告宣伝の主戦場もテレビ電波から移動していくことが確実ですから、飽和状態になる前に手を打って会員を獲得していこうとする企業が増えると予想されます。

今テレビ受像機のほうもスマートテレビだとかスティック型PCなどが普及してきまして、テレビ放送を映し出す以外の利用方法が増えるのでしょうね。