新車が半額の危うさ

確か最初はどこかの中古車販売の大手が始めたのだったと記憶していますが、新車が半額で買える・・じゃなくて乗れるって残価設定型ローンが何時の間にか新車デイ-ラーまでが販売するようになって来まして、私の想像ですが低所得者層の増えた日本でこの、新車が半額で乗れる残価設定型ローンのお陰でなんとか新車の販売台数を維持していたのだと思いますが、今後において残価設定型のローンで販売した新車が3年経って大量に戻ってきて中古車市場に流れ込んできますと、大変な状況になってしまうのではないでしょうか?

つまりその、中古車市場の場合価格を決定するのは需要と供給の関係によって決定しますが、多少は中古車として戻って来ないでそのまま元の持ち主が買い取ってしまうケースも有るとは思いますが、3年しか使われていない乗用車が続々と中古車市場に流れ込んでくるわけですから、日本中の中古車の在庫はどんどん膨らむでしょうね。

なにせ自動車の平均保有年数はどんどん延びておりまして、完全に乗れなくなるまで修理して使って乗り潰すって考えて居る人も増えているようですし、昨今のエコロジーブームとか経済情勢から考えて車を買わない人も今後はどんどん増えて来るでしょうから、中古車の供給が増えても需要が増える要素は非常に低いと思うのです。

更に、新車が半額で乗れるってやつの場合は最初から3年後の車の価値を50%とかに設定していますので、中古車市場で値崩れが起きていてとてもそんな金額では販売できなくても、予め決められた価値を認めなくてはいけませんから、デイ-ラーによってはかなり危険な状態を背負い込む事になるでしょうね?

まあこの新車が半額で乗れるって販売手法は、あちこちに書かれておりますが、金融商品を組み合わせて車を販売しているようなもので、中古車販売の相場は激しく変動するのに三年後の価値を決めてしまう、いわば先物取引のような性格を持ち合わせて居るのですから、自動車業界は円高、経済危機に続いて新車が半額残価設定ローンの影響で危険が降りかかって来るのでは無いでしょうかね?

ただ一般消費者にとっては、これから中古車価格が値崩れしてくるって事は中古車を購入する人にとっても朗報ですし、普通に新車を現金で購入して3年後に下取りや通常の方法で売却するよりも、残価設定型ローンのほうが結果として高く売却できるって事になる可能性が高いと思いますので、良い事では無いでしょうかね?

追伸
近い将来、残価設定型ローンを組み合わせた新車の販売は縮小してくるか、条件を厳しくしてくるのでは無いでしょうか?