チーム営業とお荷物社員

当社の営業スタイルは個人じゃなくてチームで活動しますからどなたでも安心して取り組めますし、飛び込み営業が怖いとか客先に訪問するのが不安だとか思っている方でも、同じチームのベテラン社員がフォローしますから安心して下さいなんて言葉は簡単に信用してはいけませんよ?

チーム営業=連帯責任かどうかは分かりませんが兎に角、今回のテーマはそんな事について書いてみようと思います。

まずチーム営業の定義から少々書かなくてはいけないのですが極めて大雑把に書きますとチーム営業とは複数の営業社員が一つのグループになってチームごとの営業目標の達成に勤しむ場合と、もう一つは営業社員以外の総務とかアシスタントとかが混ざってチームを編成して売上拡大に頑張る場合です。

で今回のコラムのテーマは前者のチーム営業なのですが、あくまで個人的な意見としては一体何処が良いのだろうと考えています。

まぁチームリーダーの人格とか部下の指導育成能力にも関係してきますが、俗に言われるお荷物社員と言いますか売れない人にとっては自分ひとりが叱責されるならまだしも、自分の売上不振が原因で所属するチームの足を引っ張る状態になってしまったら、気の弱い人にとっては針のむしろ状態では無いでしょうかね?

もちろん自分の成績が良くても所属する仲間の誰かが極端に売れない状態で、自分が頑張っているのになぜか個人的な営業成績は関係なしに、チーム全体が叱責されるなんて状態でしたら、私でしたら売れない営業マンに嫌味の一つも言ってやりたくなりますし、あいつさえいなければなんて気持ちになってしまう人も出てくるのでは無いでしょうかね?

他にも一人のエース級の営業マンが必至になって売り上げを上げてきまして、チーム内の他の営業マンは大した働きをしていなくても一人のエースのお陰で全体が褒められるなんて状態でしたら、エースにしたらチームじゃなくて俺だろなんて気持ちになるでしょうし、なんだか営業成績が人間関係も左右してしまうような気が致しますよね?

もちろんですけどチーム営業のメリットと致しまして、チームを束ねるリーダーの能力が高くて人間性も素晴らしくて個人成績がどうのこうのよりも、助け合ったり能力を高め合ったりして皆が成長していける環境が提供されるのでしたら、個人成績のみの目標達成に追われる営業スタイルよりも何だか働きやすそうな感じも致しますが、何だか連帯責任論みたいな感じがしてしまうのですよね?

まぁ職場によって大きく違うのでしょうけどね?

朗読版