個人情報保護とセキュリティ

ヤフーBBの顧客情報が漏洩し、入手した470万人分の個人情報をネタにソフトバンクを恐喝した男が逮捕される、事件がおきた。他にも別ルートで顧客の個人情報が流出し恐喝未遂が一件有った事も報じられている。

データ保護とかセキュリティの問題であるが、幾らシステムを強化し情報漏洩の防止策を取ったところで、個人のモラルが低ければ絶対に情報の漏洩は阻止できないのである。

表ざたになっていない個人情報流出や社会問題になった事件でも、約半数がシステムを強化しても防げない個人のモラル低下による、個人情報の流出でありまして、根絶は難しいのではないかと思っている。

例えば、膨大な個人情報を扱う、例えば信販会社等で住所の変更や電話番号の変更を行う作業が有ると思いますが、この作業を役員がやるわけ無いですよね?
よくて、下っ端の社員、悪けりゃパート社員にやらせている、こんな会社も少なくはない筈である。

このあたりは、コストはかかるが社内でチェックというよりも目を誰かが光らせているような社内体制が必要なのであるが、かなりのコスト負担は避けられない事になる。
余談ですが、在宅の仕事とか、スポットのデータ入力作業のアルバイト等、相当数が機械的な個人情報の入力作業ですよ、例えば展示会場でとったお客様アンケートの集計の為の入力作業等ですね。
こうゆう作業、アンケートを取った会社の上層部や役員がやると思いますか? 思わないでしょ。

展示会でのアンケート、無料プレゼント等の懸賞企画への応募、企業が配るサンプルへの応募などなど、あらゆる所で個人情報を集めていますし、なにかインターネット上で購入したり申し込んでも、個人情報の入力が求められますが、本来、申し込みや購入に関係無い、家族構成や趣味についてまで入力を求めるケースがあります。

本来の目的に必要無い入力項目には記入を求めないが普通だと思いますし、わざわざ申し込みのハードルを上げる必要は無いと思うのですが出来の悪い経営者ほど余計なアンケートを取りたがって、しかも集計して活用する能力も持ち合わせていないんですよね。

しかしまあ個人情報を守らないと安全な生活が出来ない日本なんてのは困ったもので有りまして、 しかし困っていても後戻りはできないのが現実で個人情報の保護はますます厳しくなっていくのでしょうね。

だだ実際の企業の個人情報取り扱い現場では、パート社員に入力を任せていたりと、杜撰な運用のほうが多いと思いますけどね。