個人の身元確認について考える

身近な所であなたが携帯ショップで端末を購入する場合とか銀行で口座を開く時とか、、個人の身元を証明するもの、免許証とか保険証の提示を求められると思いますが、いつも疑問に思うのが必ずコピーを取るってところです。
たぶん、私だけじゃなく若い(そうじゃない場合もありますが)アルバイトのような店員に免許証を渡してコピーを取られてしまうって事に抵抗感や不安を感じる人は非常に多いのでは無いでしょうか?

多分、コピーした紙は厳重に保管されている(と信じたい)と思いますが、もしかしたら無造作にスチールロッカーに入っていて、店員全員が簡単に手の届くところにおいてあるかもしれませんしね?

そもそもと言いますか、だいたい本人の確認で有ればその場で目視にて確認を取ればそれで良いので有りまして、コピーを取っておく意味が分からないので有ります。

※概ね後で本人確認したって証拠の為にコピーを取っているとしか思えません。

もしそれでも、どーしてもコピーを取る必要が有るのであれば、お客本人の目の前で免許証番号以外を全て紙で覆って複写すれば良いのではないかと思います。

この件に関しては前にとある所でコピーを取る事を拒否しましたらそれでは販売が出来ないそうです。

最近はちょっとした個人情報の流出などで大騒ぎする割に、安易に身分証明書類をコピーするって行為に関しては皆さん寛大なようで、疑問もなしに店員に渡してしまっていますよね?

まあ、コピーを取る側にそれなりの覚悟をもってやって欲しいと思うので有ります。

追伸

携帯電話や銀行口座の不正取得がニュースになったりしていますが、結局のところ書類として出ていれば、後は中身をしっかり確認していないのが実情では無いでしょうか?

厳密にやるのでしたら、指紋でも照合しないと無理ですよね、完全に身元確認するのはね。