自費出版

10年ほど前からでしょうか、じわじわと自費出版、つまりお金を出せばちゃんと装丁をして製本して自分で本が作れる事が知られてきまして、自費出版に力を入れる出版会社も出てきまして、自費出版が一般的になりつつ有るのでしょうか?

それでも、文章を書くのが好きで得意で本にするだけの内容を書けるだけの時間と情熱が有る方はまだまだ少ないですから、自費出版が知られてきたが実際に本を出版する人は、少ないのでは有りますが、とにかく特別な存在であった本を出版する行為が、少しのやる気をお金が有れば出来るようになったことは素晴らしいと思います。

自費出版の内容もバライティに富んでいまして、自分の半生を書いた伝記みたいなものから、趣味や研究のことをまとめたり、エッセイだったり小説や、ルポルタージュ、体験記なども有りますね。

ある年代以上、私がそうですが活字になって製本された書籍にはある種ステータスを感じる所が有りますので、挨拶代わりに自分の書いた本を渡すのもかっこいいかもしれしれませんが、私が自費出版をしたって、誰も買ってくれる人はいないでしょうから、出せば出すほど赤字になるのは見えていますからやりませんけどね?

今回、何故自費出版について書いたかといいますと、私もお世話になっていますメールマガジン配信スタンド”まぐまぐ”さんが製本サービスを始められましたので、今回自費出版について書いてみたわけです。

最低限で10万円位のお金が有れば、100冊製本して販売も代行していただけるそうで、まぐまぐ ではメールマガジンの発行者、ライターの方が沢山いらっしゃいますので、本格的に文壇に出たい方や、将来執筆で生計を立てていきたい方などには、リーズナブルな費用で、製本した文庫が作れますので、出版業界と対峙するように思われいる、メールマガジン業界が逆に出版を活性化するかもしれませんね?

なんだかんだ言っても、文字を読むには紙に印刷された文字を目で追うのが一番目が疲れませんし頭にも入りますからね?

そんな訳で、今回始まりました まぐまぐ文庫には頑張ってほしいと思うのであります。

追伸

自費出版大手の新風舎の事実上の倒産のニュースが業界に冷風を吹き込みましたね。

新風舎に頼んで途中でストップしてしまった作者や、不当に高い金額を払って約束が履行されていなかったなど、様々な話が噴出していまして、一時期の自費出版ブームも冷めてしまうのでは無いでしょうか?

まあ出版なんかしなくても私はこうやって好きな事を書いていますけどね。