除菌機能付き空気清浄機

電気店や通販で除菌機能付き空気清浄機が売れ筋になってきているようですね、う~ん除菌機能付き空気清浄機なんて売れなくても良い環境で有って欲しいと思うのですが・・・・。
日本の場合、水と空気と安全は只だった筈なのですが先ず口火を切ったのが、水でしょうか?

今から20年ほど前にミネラルウォーターなる名前で飲料水が売り出された当初は、ただの水を金を出して買うやつはいないといった意見が多数出たのですが、結局今やコンビニエンスに当たり前のように、水が並んでいてジュースやコーラと全く同じ値段で販売されていても何の違和感も無くみんながレジでお金を払って買うことが当たり前になっていますね。

同じく安全に関しても、ホームセキュリティがはやっていますし各種防犯グッズが随分売れていて、お金持ちの場合はSPを個人的に雇ったりしてお金を出して安全を買っていますので、安全もお金を出して買う時代になってしまいました。

で最後に残った・・・最後の砦 空気が次にどうなるのでしょうか。

車にも自動車専用の空気洗浄機が出てきていますし、最近の車では最初から除菌機能の付いた大衆車も出てきていまして、それで最近の除菌機能付きの空気洗浄機の売れ行き好調のニュースですから、いよいよというか、空気よおまえもかって所でしょうか?

森林がどんどん伐採されて緑が減ってきまして、工場の排ガスは随分減ってきたようですが、車の台数も世界的に増えていますし、そのうち外に出かけるときはみんな ガスマスクをつけて出歩いたりしちゃうのでしょうか?

除菌機能付き空気洗浄機ほどではないですが、酸素も売れているそうで、手で持てる大きさのスプレー付きの缶に酸素が入っていて、酸素を吸うと体の細胞がリフレッシュするそうなのですが、空気に付いては、そのくらいで留まっていただいて、日常的に酸素をコンビニで買って毎日、缶に入った酸素を吸って暮らすような世界には絶対なって欲しくないと思うのであります。

追伸

逆の見方を致しますと、清潔志向が進みまして体内に寄生虫がいなくなって、雑菌に触れる事が極端に少なくなって、日本人の雑菌に対する抵抗力がどんどん落ちていると言われていますよね。

発展途上国の子供たちが、何を食べても平気なのに日本人ですと一発でダウンしてしまうのは間違いないので有りますが、少々普段から雑菌に触れる機会でも作って抵抗力を高めていたほうが良いのかも知れないですよね?

だってこの先どうなるか分からない訳ですし、エネルギーが枯渇すれば今のように文化的な生活の維持は出来なくなってしまいますからね。