国内農業保護政策

日本の農業は長年保護されてきておりまして、特に米は聖域としてひたすら海外からの輸入を阻止し続けていまして、他の農産物に関しても関税や手続き上の障害を設けて、日本国内の農業を保護してきたのですが、外圧により次第に農産物を海外から国内に入りやすくしなければならなくなってきていますね。
この辺で、日本の農業、国内農産物を守りの姿勢から、ドラマチックに攻めの姿勢に180度変換する時期にきているように感じます。

思い切ってやるとすると、今までの助成金や補助金を全てなくす、なくした資金と国内農業保護に従事していた人材を含めて、海外へ日本の農産物を売り込むために全て投入したらどうなるでしょうか?

各国に配置してある日本大使館には全て日本の物産センターを併設して、大使館には日本の農産物を外国に売り込むための、セールスマネージャーを常駐させて、小売店・スーパーに売り込みに回ったり、試食即売会を開催したり、政府にも必死に売り込みをかける。

日本国内で各地方選出の国会議員や県議会議員も積極的に海外出張を行って、日本の農産物売り込みのために、外国の要人にアタックする。

米だって蜜柑だってサクランボだって桜島大根も練馬大根もカキも美味いのですから、高級農作物として海外でも十分勝負できると思いますがね。

農作物によっては外国人の味覚に合わせて、改良が必要かもしれませんが、品種改良は日本が強いところですから、農家も知恵を絞って、日本国政府と力を合わせて、海外にセールスしまくれば、十分勝機は存在すると思いますがね。

逆の見方をしますと、海外からの農作物の輸入がどんどん解禁されて海外から日本に農作物が入ってきて、日本の農作物が負けてしまうようで有れば、日本の農業の先行きは厳しくなってしまうわけでありまして、どのみちどこかで勝負しなければなりませんよね。

それならば、日本国内だけで海外の農産物と勝負するよりも、広く海外の各国で勝負をかけていった方が、未来が開けると思いますが。

今度、日本政府の政治家や要人、そうですね小泉首相が海外に行くときは、背中に米や蜜柑やサクランボや大根を、詰め込んだリュックサックでも背負ってもらって、海外に送り出しましょうか?

追伸

国際間の農業保護と輸出規制と関税に関する折衝が激しくなってきたようですね。

輸出拡大一辺倒だった各国が世界的な食糧不足を背景に輸出規制の動きが出てきておりまして、食糧自給率が極端に低い日本ですから、抜本的な方向転換が必要なのです。