お布施の相場

報道によりますと葬儀の仲介を行っているイオンがお布施の目安を明示したことに対して、寺院関係方面よりそ~ゆ~ものは心が決めるものなんだから明示するものじゃないって反発の声が出ているそうですね?

何でも一連の通夜・葬儀・初七日などでの読経から戒名まで一式25万円が希望小売価格じゃなかったお布施の目安なんだそうです。

まぁはっきり言って私の感覚では誠意を見せろって金額を提示されないよりも、請求する側がちゃんと金額をはっきりしてくれたほうがありがたいのでありまして、これはだれも同じことなのではないでしょうかね?

でね批判を覚悟で書きますけど例えばあの世に旅立つ事を目前にした人に、葬儀にはどの位お金をかけましょうかとか、お布施に関してはどの位包みましょうかなんて質問して、本音を聞き出せたとしたらどうでしょうか?

たぶん私自身もそうですけど、葬儀になんて大金をはたくのは勿体無いから孫のために有意義にお金を使ってくれとか、別に仏様も閻魔さまも公平な人?だから戒名の違いで人を差別なんてしないはずだから安いので良いし無理して戒名なんて付ける必要ないって言うのじゃ無いでしょうかね?

だってそうでしょ?冥土にやってきた人に対してお前はお布施を沢山包んだし戒名も高いやつだから極楽行きの権利が無条件で与えられるとか、お前はお布施をけちって戒名も安いやつだから地獄行きは勘弁してやるけど、こっちの環境が良くない場所に送りますねなんて絶対に言わないと思いませんか?

思うに葬儀とか法要ってものはあの世に旅立つ人の為に執り行うと言うよりも、この世に残された人がいなくなった人への思いを断ち切るとか、悲しみの縁から心の平静を取り戻すために行うものなのでありまして、そのために葬儀って儀式ですとか関係者が存在している部分が大きいと思うのですよ。

ただその葬儀を執り行うにあたりまして、お金の心配が出てきてしまったり果たしてお布施ってのは一体いくらが相場で幾ら包めば良いのだろうかなんて悩ませたり、どうも金銭的な余裕が無くてお布施を少ししかお渡しできなかったけどお爺ちゃん今頃あの世で大丈夫かしら?

なんて感じで逆にこの世に残った人に心配かけるような葬儀や読経や戒名になってはいけないと思うのですよね?

ですから今回のイオンが行いました御布施相場の提示ってのは大歓迎ですし事前にはっきりしていれば葬儀をして貰うご本人が準備もちゃんと生前に出来ますからね?