間違い?松下幸之助の水道哲学について考える

一応、日本におきまして経営の神様といわれ第一人者なのは、丁稚奉公から身を起こして二股ソケットの開発から松下電器を世界に冠たる大企業にまで大きくした松下幸之助さんであると認識していますが、デフレ不況が続いている今になって水道哲学についていいまさら考えてみたいと思います。

うろ覚えですが、水道哲学の粗筋は確か松下幸之助さんが公園の水のみ場で水を飲んで立ち去る人を見て、何で無料なんだろうって考え出してしまって結論として大量に供給すれば安くなってみんなに行き渡ると考えました、こんな感じだったと思います。

それにしてはかつて価格破壊を旗印に中内社長率いるダイエーが安売りをしていたときに、松下(ナショナル)製品の供給をストップしたことがあったと思いますけど、それはさておき物が無くて今のように電化製品があふれていない社会だった時には水道哲学が有効だったと思うのですが今はどうなんでしょうかね?

いままだ松下幸之助さんがいらっしゃったら、世の中に電化製品が十分に行き渡ったら水道哲学はどうなるんでしょうかね?と聞いてみたかった気がしますけど、確か発展的に無税国家論みたいな話になるんでしょうね?

まぁ資本主義経済下のマクロ経済から考えますと、大量生産して供給(販売)価格をどんどん下げていくって事は名目GDPがその分だけ下がって日本だけ他国と比べて経済成長がマイナスって事になってしまうんですよね。

もちろんメーカーが市場競争の中で生き残っていくためには価格的優位性を保っていなくちゃいけませんから、大量生産に走るってのが当然の成り行きなんですけど、これが気が付いたらグローバル経済とか日本国内だけじゃなくて世界とタタカイを繰り広げなくてはいけない世界になってしまったわけです。

グローバル経済化ですと市場は国内以外に広がって外国にもちゃんとメーカーがありますから、各企業がみんな水道哲学を実践いたしまして大量生産大量販売の経営戦略をとったら・・・これはもう結果が出てますよね。

とあるメーカーは大量生産のために多額の設備投資をして生産能力を増強したまでは良かったけど、為替相場の変動とライバルメーカーの進出で一気に有利子負債が増えて経営が傾いてしまったり、安価な製品を薄利多売でやっていたら、市場の変化で不良在庫の山を抱えるようになってしまったとか現実は厳しいものがあるんですね。

そんなわけで高度成長期を終えてしまった今の日本ではちょっと水道哲学は合わないんじゃないでしょうかね?
そういえば私が高校を卒業して就職した広瀬無線電機(秋葉原に有った卸商社で私が入社してほどなくして倒産してしまいました)の新入社員研修でなぜか水道哲学の話を聞かされて感想文を書かされたのですけど、あの頃は賛美する感想文を書いてしまった苦い思い出がよみがえってきました。