売上不振の責任と対応、中間管理職不要論

売上不振の対策は状況に応じてケースバイケースになりますが、今回のコラムでは責任の所在について考えてみたいと思います。

私の知る限り営業部門の売上不振についてはその部門を統括する部長なり総責任者の責任が一番お大きいと思うわけですが、実際のところその結果に対して降格するとか責任を負うのはもっぱら中間管理職に当たる人が人事において処遇される場合が多いのでは無いでしょうか?

まぁ考えてみれば部長職クラスの人はそれまでに課長職とかそこまで上り詰めるまでにそれなりに実績を出して会社に貢献してきたわけですし、第一線で働く営業マンでは責任をとって降格しようにも役職が無いわけですから、人事的には責任の取りようがないわけですね。

ただ過去私が営業所長なる中間管理職だった頃に感じたことをそのまま書きますと、営業所の売上に対する責任の所在は確かに自分が一番大きいと思うし、昇格していまの立場に処遇してくれた上司に感謝もしているけれど、人事権は一切ないので人事部が勝手に採用した新人を預かって、クビにする権限もないし、そもそも営業活動における目標や行動指針なんてのは全部上の方から降りてくるだけで、勝手は許されないんだから、指示命令が問題だった場合は俺の責任じゃないよなんて感じる事も多かったですね。

でですね20年位前からでしょうか、営業マンに限った事ではなく出世したくない症候群と言いますか、下手に昇格して役職者になっても責任が重くなるだけで給料も大幅には増えないし、だったら下手に出世するよりも今のまま部下なんて持たない立場のほうが気楽でいいやって考える人の比率が増えてきたと聞いたことが有ります。

そりゃ自分の上司を見ていて何時も上役の顔色を伺い、部下の前では尊大に振る舞うのは良いけれど社内での発言力は別に一般社員と大差はなく、給料もそれほど多く貰っていないようだし、売上不振なんて状態になったら真っ先に責任を取らされるなんて姿を見ていたら出世したくなくなる気持ちも理解できるような気も致します。

一部に中間管理職不要論とか考えも聞いたことが有りますけど、それって社員のモチベーションを維持するには良くない考えじゃないかと思うんですよ。

でですね普通に一般社員が身近に接しまして自分がステップアップする際の第一歩が中間管理職になるわけですけど、そこがね責任ばかり取らされる立場でその割に見返りか少ないなんて状態ですと、一般社員が頑張って出世しようっていう始まりを阻害すると思うんですよね。

よくあるじゃないですか課長とか所長を見ていると出世したいとは思わないってね。