何の取り柄もない人の職業選択と就職

ニートで自宅に籠っている人ですとか失業しても再就職先が決まらないとか、正社員で誰でも出来る仕事で安定した収入が確保できる職場じゃないと自分は特に何の取り柄もない人だからなんて人も結構多いんじゃないでしょうか?

かく言う私も某企業でサラリーマン生活を経験して四十歳を目前にして脱サラして零細企業の経営者に収まっているわけですけど、長年やっている営業の仕事が別に取り柄というわけじゃないですし、Web関連の開発関係のスキルだって少々勉強すれば大概の人が習得できる技術ですから私も取りたてて人に自慢できるような技術も取り柄もないんですね。

でですね、私が動画で見たごく一部の限られた人だけの実例なのかも知れませんけど、製造業の生産ラインに従事していた人が会社の倒産によって失業して同じような生産ラインでの作業をするような仕事を希望しているんだけど、いまどきそんな仕事なんて見つからないと・・。

社会に出てからずっと工場のライン作業に従事していてそれ以外に何も特技も取り柄もないので、例えば接客業だとかましてや営業の仕事なんて絶対に出来ないから派遣でも製造業の仕事をするなんて感じのドキュメンタリーでしたが、これが定年になるような年配の人の話ならともかく二十代や三十代の若者の場合は違うんじゃないでしょうか?

そもそも取り柄だとか特技だとか長所なんて人の良い点や優れた部分なんてのは持って生まれた容姿以外は、みーんな年齢を重ねる間に徐々に身に付けて行くもので、今はバリバリのエンジニアだろうと、トップセールスの座に居座る辣腕営業マンでも社内に出たばかりの時には、誰も何のスキルも特技も取り柄も無いに等しいんですよね?

最初に書いたように私は過去に某ソフトウェア開発販売の企業で営業責任者をやりつつ商品企画も少々足を突っ込んできたわけですけど、周りを見回すとね実に様々な前歴をもった人が中途採用で入社していました。

覚えている限りで、ラーメン屋さんの店員、陸上自衛隊、スナックの雇われ店長、トラックで配送の仕事だとかまぁ実に様々な畑違いの他業種からの転職者が居たものです。

まぁ当時のソフトウェア開発は倍々ゲームで伸びていた業界ですので、極端な人手不足な時期もありましたからそんな様々な中途採用者が多かったんだろうと思いますけど、そんな畑違いの前歴をもった人もね、1年も経たないうちにみんな例外なくIT・ソフトウェア業界で何年も飯を食っているみたいな感じになっていたんですよ。

ですからね、何の取り柄もない人の職業選択、ウンいいじゃないですか選択権は無限に有るんだって位に考えられるんですから!