時には馬鹿なふりをすると得をする

営業マンが目的を達成つまり商材を買ってもらうためにはお客(商談相手)の情報を出来る限り集める必要が出てくる場合が多いのですが、その為には自分ばかり話をして立て板に水の如く営業トークを炸裂していたら相手は話をする機会も何も無いわけですから、相手が話をするきっかけを作る、場合によっては自慢話をさせてしまうって作戦も必要になってくるわけです。

ですから時には営業マンは知っていても知らないふりをするとか馬鹿な振りをするなんて高度な営業技術を駆使する場合も出てくるわけですけど、これは当然ですけど根っからの馬鹿者には出来ない芸当ですし、相手が忙しくて時間がない時ですとか、相手の人柄によっては逆効果になる場合も出てきますから注意が必要ですね。

例えばですね初対面の商談相手と商談を進めている場合で、ある程度打ち解けたところで相手が看板にしている技術についてですとか、まぁ何となくこれが自慢だろうななんて内容について、本当は事前にだいぶ調べあげてあるので知っていても、御社のあの技術は素晴らしいと伺っていますが、このあたりの開発には随分苦労されたんでしょうね?とか遠回しにですね。

これが実はありふれた初歩的な技術で大したこと無いし別に他の会社で素晴らしいなんて話は聞いたことがなくても、一応は持ち上げつつ相手に水を向けるとでも言いましょうか、知らないふりをして話をしてもらうって場合もケースバイケースで出てくるわけですよ。

時にはそんな話の中から思いがけない貴重な情報が出てくる場合も有りますし、少なくとも知ったかぶりを致しまして恥をかいたり商談相手に顰蹙を買うよりはよほどマシな営業活動が出来るわけです。

特に営業マンの中には、ソレ知らないの一言が言えないばかりに後になって知識が全然ないのに知っている振りをしているのがバレて信用を無くしてしまうケースなんてのは山ほどあるわけですから、普段から馬鹿なふりをする連練習も役に立つかもしれませんよ。

他にも馬鹿なふりをする必要性が高くなってくるのが、若い営業マンが年配の方を接待の場所に連れ出した時なんかでしょうね。

これも程度によりますけど一回りも年上の接待相手との場所などでは、やっぱり相手に知識をひけらかさないだとか、相手を立てるなんて行動を取ろうと致しますと、どうしても時には営業マンは馬鹿な振りをするって行動も必要なのです。

これも営業技術の中では高等な技術に属するスキルなんですね。