売上不振の原因探しと個人攻撃

一応は長きにわたって営業職で働いてきましたけど、どんなに安定している営業マンでも多少の波はありますし、原因不明の売上不振なんてのもありますし人がやっていることですし、単に世の中の景気が悪いとか売上の多くを占めている顧客の懐具合に問題が有ったなんてこっちではどうしようもない事が売上不振の原因であったりする場合もあるわけですよ。

ですから特段なにかする事もなく浮足立って焦ることもなく、今まで通りに営業活動をしていれば自然と売上が回復する場合も少なくないわけですけど、例えば売上不振に関して緊急対策会議なんて事をする事になりましたら、とにかく売上不振の原因を特定しなくちゃいけなくなるわけですよね。

でね思うんですけどこの手の対策会議の場合は原因の究明や特定なんてのはどうでもよくて、更に売上が向上するためにアイデアとか方法をみんなで知恵を出し合って考えることを主にしたほうが良いと思うのですよ。

そりゃ場合によっては原因がはっきりしている場合もありますし、普通に考えれば原因がはっきりしないと対策の立てようもないなんて、言い出しちゃう実は自分では何も考えることが出来ないような上層部の人が居たりしますけど、もう少し考えてみましょう。

営業活動に関するアイデアであるとか何かの施策ってのは別に売上不振状態じゃなくても、何時でも出てきて時にそれが実行に移される訳ですけど、私の経験から言いますと売上不振にあえいでいる時に無理矢理でも原因を特定して、それに対する対策を考えて実行に移した時よりも、ちゃんと売上が上がっている時に別に不振の原因でも何でも無く、単にこうやったらもっと売れるんじゃないかとか、市場やユーザーに受け入れられるんじゃないかなんて軽いノリのアイデアのほうが結構成功する確率が高いものなんですよ。

そりゃ確かに原因の特定も時には絶対必要ですよ!けどそんな対策会議なんてのは時には個人攻撃にまで発展しちゃいますし、それが失敗したら言い出した立案者に責任が来てしまうなんて雰囲気じゃ良いアイデアなんて出てこないんですよ、仮に何か心に秘めたものが有っても口に出せなかったりしますからね。

だったら原因の特定なんてのは後で売上が回復してから考えれば良いわけで、今は少しでも客単価が上がるとか新規顧客開拓に有効だと思われる考えを具体的な行動レベルまで考えて実行してみましょうよ。

それが成功したらけっこう原因なんてのはどうでも良くなってしまうんですから。