コミニュケーション能力の向上方法

実は話し方教室に通っても向上しないのです。

一部にコミニュケーション能力の一番大事なのは表現力だと思っていらっしゃる方が少なくないような気がします。

営業研修、社内ロープレ、外部研修などみんなセールストークを上手に話してクロージング力を付けるみたいな事をやっています。

確かにそれも必要なコミニュケーション能力の一つなのかもしれませんけど、私も長年営業現場で働いてきた経験から言いますと、別に無口だろうが話すのが下手だろうが、抜群のコミニュケーション能力で立派な営業成績を出している営業マンはたくさんいるのです。

先ずは相槌上手になりましょう

これ簡単です。

相手の話を聞きながら適当なタイミングで、はい、とか、そうですよねと言いながら多少オーバーアクション気味に相槌を打つという事です。

先ずですね、よほど話しの上手な人の話以外は他人の話を聞きたい人というのはとても少ないのです。

むしろ他人の話を聞くのが長いと苦痛に感じる人のほうが圧倒的に多いです。

で自分の話を聞いて欲しいという気持ちは大部分の人が確実に持っています。

じゃ他人とのコミニュケーションを上手に取らなくてはいけない営業マンが、どうすれば良いかと言いますと、誰もが聞きたくなるほど面白い話をするか、重要な情報を提供できるか、それが出来なければ聞き上手な人になるしかないですよね?

即座に営業マンは それは違うと反応すると思います。

はい、その通りで気持ちは分かりますし営業マンとして当然の反応です。

だって相手の話をしっかり聞こうと思って営業に出かけても、そもそも相手にされていないんだから、相槌を打ってコミニュケーションを取れるようになる以前の問題だと感じた営業マンが多いと思います。

ではどうすれば良いの?の質問にお答えいたします。

頭に汗をかいて相手にとって有益な情報を集めて、客先に訪問したら1分以内にその情報を伝えて、さっさと帰ろうとする。

ってこれしか無いのですよ。

実は話し上手より聞き上手の営業スタイルが成立するのは、ある程度のコミュニケーションが成立した後に、初めて成立するものですよね?

もちろん、そのためには営業マンからお客に何か質問をぶつけるというのも一つの方法ですけど、今言っているのはそれ以前の相手にされない状態のことを言っているのですよね?

だからやたらと質問しても逆効果になる場合が多いのです。

そこに辿り着くまでは、ひたすら情報を出して相手が食いついてくるまでそれを継続することなんです。

それと追加するならば

外見力を磨きましょう

特に新規顧客開拓ですとか飛び込み営業なんてものは外見力が全てだと言っても良いかもしれないほど大切なことです。

だって初対面の相手は営業マンを外見で判断するしか方法がないのですから。

何となく話をしたくなる服装、笑顔、挨拶

これに徹底して拘るだけで貴方の営業力は150%アップするものなのです。