一点突破全面展開の新規顧客開拓方法

取引先の新規開拓において最初から大口の得意先になる場合よりも最初は小さな取引よりスタート致しまして徐々に取引量が増えてくる場合が多いのではないかと思います。

しかし小さな取引が成立してもそれっきりの一回だけのお付き合いで終わってしまう事も多いわけですけど、その最初の小さな取引つまり一点突破が一番難しいのでありまして、これが出来れば新規顧客開拓はどんどん出来る成功方法を実践できているって事になりますね。

この辺りの一点突破全面展開を昔から上手にやっている業種や業界を見てみますと、企業にOA機器などを販売している商社なんてのは新規顧客開拓の手法としてこの一点突破全面展開の手法を取り入れているところが多いんですよね。

まぁ普通に考えればいきなり取引のない法人に飛び込みで営業をかけていきなり高価なOA機器などを買ってくれるわけは無いですから、自然とそんな新規顧客開拓の方法に辿り着いたんだと思いますけど、単価も数千円とか場合によっては数百円レベルの紙やインクなどの消耗品をとにかく圧倒的に安い値段で赤字でも売り込みに行くって方法を取るんですよね。

それ以外にも顧客獲得用商材を普段から色々と探していまして、簡単な事務用品で他社が利益にも何もならないので取り扱っていないような商材を買って貰って100円でもなんでもとにかく取引の実績を作るわけですよ。

特に入社したての新人営業マンの仕事なんてのは、もうこういった形の新規顧客開拓の仕事が中心で、この仕事をこなしていくことで営業力を高めていきながら取引先を増やしていくわけですよ。

もちろん顧客開拓の一点突破用の商材をメインに売り込んで歩いていますから、一ヶ月の売上は10万円にも満たなかったり粗利益は下手するとマイナスで会社としては大赤字の営業活動になってしまうんですけど、この顧客開拓が上手に出来た新人営業マンは後でとても大きな戦力になる場合が多いのが現実なんですよ。

会社によってはそんな余裕が無いのか、そんな所に考えが及ばないのか新人営業マンに対しても人並みの目標数字を設定致しまして、それをクリア出来て一人前みたいな場合も多いのですけど、やっぱり新規顧客開拓の極意といいますか成功方法の一つは一点突破全面展開なんですよね。

他にもよく法人営業での顧客開拓でキーマンを捕まえろってのが攻略成功の鍵なんですけどこの場合もね、先ずは仲良くしてくれる社員の人を誰か捕まえてからキーマンまで辿り着くのが一番の早道なんですよね。