大手企業との取引に注意

下請けいじめ禁止令も何のその、どんな企業であっても少しでも収益を上げるためには出来る事は全て実行するって心構えで動いていると思いますし、商売なんて物は最初から全てのルールがしっかり構築されている訳でもなく、両社の力関係ですとか担当者の駆け引きが上手だとか、強引だとかそういった色々な要素で取引条件や慣習が決まってくるものだと思いますが、零細企業やSOHOとして営業していて、誰もが知っている大手企業との商取引が始まるって事は嬉しい反面、色々注意すべき点もありますよね。

まずね、取引条件の根本とも言える納入金額や仕切り率の事になりますが、当然の事ながら相手の購買担当者は1円でも1%でも良い条件で仕入れるのが仕事ですから、納入側としても相手の言いなりになって金額を引き下げてはいけないと思いますし、何処でどう勘違いするのか、大手企業の納入業者になるって事で周りの信用力が高くなるとか、損して得取れとかまぁ気持ちとして分からなくは無いのですが、大手だからって事でもちゃんと損益分岐点や利益の確保は最優先に考えないと駄目ですよね。

それと、これは大手企業に限った事ではないのですが、生意気な担当者って良く居るじゃないですか?中には何を勘違いするのか背負っている企業の看板を自分の威光だと勘違いしてしますような、不届き者まで出てきちゃったりするのですが、ストレスを溜め込んでまで仕事したくない人は、最初から余りに上から目線で取引を進めようとする相手とは取引しない方が良いでしょうね。

次に支払いサイトの問題ですが、これは私自身が過去に経験した事なのですが、まぁとんでもない長い手形での支払いでないと取引が出来無いだなんて言ってくる事も少なく無いようで、この手の話に関しては、下請法で長すぎる支払いサイトなどは法律で禁止されていまして、まあそれを盾に断っても良いと思いますし、先ずは口座を開いて小口ででも取引を開始させてから改めて支払いサイトについて交渉するなり、もしくは公正取引委員会や経産省へ訴え出てやっても良いのでは無いでしょうか?

他にもかなり重要な事と致しまして、取引先が一箇所に偏った状態に変化するってのは、営業を継続する上に置きましていくら安定した取引先が確保出来ているからといって、何らかしらの理由で突然取引が停止になったら一巻の終わりですし、連鎖倒産の可能性も高くなりますし、なによりも大手企業との取引に安心してしまって、新規顧客開拓をおろそかにしてしまうようですととても危険な状態になってしまいますよね。