モチべーションと自分にご褒美

SOHOとして又は個人事業主として仕事をしていますと尚更なのですが、経営者ってのはちゃんと仕事して当たり前の世界で、基本的には誰も褒めてはくれませんし、ご褒美をくれる人も頭をなでてくれる人もいない代わりに?少し大きな失敗をすると会社は倒産して職を失ってしかも経営者は失業保険も対象外ですから、下手すると最悪ホームレスにまで辿り着いてしまうので有りますが、そんな訳で経営者の中には自分で設定した目標達成に対して自分でご褒美を設定している事も多いのでは無いでしょうか?

ただ仕事には目標は必要ですし目標無き仕事ってのは必ず能率の低下ですとか色々と弊害が出てきてしまいますから、自分で目標設定して勝手にご褒美を決めて目標達成の暁には進呈するのは全然構わないし、むしろモチベーションの維持や向上にはそーゆー事をやったほうが良いと思いますが、他人に厳しく自分に甘くなんて人がとても世の中には多いと思いますので、目標設定とご褒美の内容には注意が必要かもしれませんね。

つまりその普通に仕事してれば達成してしまうような目標設定では意味がないですし、目標達成の暁に高級外車を一台経費で購入してしまうなんて事をやってしまいますと、単なる放漫経営に邁進する経営者が経費に私的に流用しているに過ぎないのでありまして、最悪の場合税務署の調査や指摘で追徴金を徴収されてしまうので有ります。

それとね、一般社員と言いますか従業員の場合で考えますと目標設定があってそれに対する報奨金やインセンティブの類が有る事は良くある話ですしそれはよいのですが、一般社員や従業員の場合は目標に達しなかった時には、会議でとか上司に呼ばれて叱責されたり企業によっては反省文を書かされたり、朝礼で反省の言葉を述べさせられたりするのですが、経営者の場合はそれが無いので・・と思いきや経営者の場合は小さい叱責は一気に飛ばしまして、倒産破産の夜逃げなどいきなりゲームオーバーの文字が出てきてしまったりするのですね。

何だか話はよく分からない方向に進んでいってしまいましたが、目標が無いと中々モチベーションが上がらないってのは事実なのでは無いでしょうか?

追伸
えっと良く考えてみますと会社員って目標は色々と押しつけられたり、未達成で叱責を受ける事は沢山有ると思いますが、結構達成しても何も報償もご褒美も何も無くて、上司からお疲れさんの一言でまた次の目標へ取り組むように追い立てられる事も少なく無いのですよね。