売れる条件

ひたすら毎日一生懸命に飛び込み営業を繰り返したり新規顧客開拓のために販売促進策に資金を投入したり手を尽くしても売れないことも有りますし、その逆に何の努力もしていないのに売れ行き好調な商品や会社もまた存在するのでありまして、今回のコラムでは売れる条件について考えてみます。

先ず第一の売れる条件と致しましてはやはりニーズが有って買う人がいるかどうかでしょうね?

確か諺には下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるなんてものが有りましたけど、いくらなんでも何も飛んでいない空に向かっていくら営業をかけても買う人はいませんし売れないのが当たり前なので有りまして、幾ら営業力が有る営業マンでもこれでは売れませんから、ニーズが有るかどうかですとかプロダクトライフサイクルが終わっていないかどうかは最初に確認したりリサーチするべきでしょうね?

次に難しいのが価格設定でしょうね?

これは粗利益と販売予測と営業経費のバランスも考えなくてはいけませんし、安くしたら売れると言うものでもなく特に需要が少なくても絶対欲しい人が存在するような市場や商材では、安くしても高く販売しても販売量としては変わらなかったり致します。

ですから販売価格に関してはいかに安く売るかなんて事は考えないで、市場や客層のことを考えて適正な価格設定が必要になってきますよね。

以上のところがしっかりしていましたら後は営業力とか会社の知名度など販売力が勝負になってきます。

まぁ売れる営業マンはどこに行ってもどんな商品を取り扱ってもちゃんと営業成績を残すことが出来ると言う人がいますが、確かに売れる営業マンの多くは商品力に頼ること無く、自分自身を売り込むと言いますかお客に自分を信用信頼して貰って販売に成功するので、商品力とか価格は二の次になってくるかもしれないですよね?

ただし、本当に実力を持っている売れる営業マンってのは全国でも数少ないのが現状ですからやはり、商品力や販売価格などの設定は重要になってくるのでありまして、売れない原因を営業マンの能力不足だけに理由を求めて、やたらと発破をかける社長なんかも存在するようですけど、営業力だけに頼っていますといつかは売れなくなる日が来てしまうと思いますよ?

まぁ細かいことを言い出しましたら売れる条件としてはいくつも有るのですから、原因を一つに特定しないで様々な要素を考えてみるべきでしょうね?

では皆様のご健闘をお祈り申し上げます。

朗読版